水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気

ウォーターサーバーは一人暮らしには必要ない家電と言われていますが、楽水ウォーターサーバーの据置型なら使い勝手の良い生活家電になります。湯沸かし時間の節約に。何より水を買う、セットする手間も要らず月額固定使い放題が1人暮らし向きです。

水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気 ≫ 楽水ウォーターサーバーは一人暮らし家電にピッタリ

ウォーターサーバーは一人暮らしには必要ない家電と言われていますが、楽水ウォーターサーバーの据置型なら使い勝手の良い生活家電になります。湯沸かし時間の節約に。何より水を買う、セットする手間も要らず月額固定使い放題が1人暮らし向きです。

一般的にはウォーターサーバーは、まだまだ「贅沢品」と思っている人は多いです。恐らく、天然水という水がとてつもなく貴重だから一部の金持ちしか使わないものと考えるのでしょうか。今や一般的な電化製品なんですけどね。JDSA(日本宅配水&サーバー協会 代表理事はアクアクララの代表取締役社長)が発表している統計では、2018年の宅配水ウォーターサーバーの顧客数(設置数)は385万台となっています。毎年右肩上がりの市場です。

水道直結タイプのウォーターサーバーは統計の数字に組み込まれていないようですが、水道水を使う水道直結のウォーターサーバーは、水道水から残留塩素などの除去した浄水の冷水、温水、常温水を作るので使い勝手が多様です。しかも料金体系が定額なため使い放題という大きなメリットがあります。一人暮らしでは天然水の購入単位である12リットルボトル2本を、飲み干せない時もあるでしょう。

毎月の水の消費量が不透明だからこそ定額使い放題がコスパも高くなります。12リットルボトル2本の方が、水道水ウォーターサーバーの月額料金より高いケースもあります。その他にも水道水ウォーターサーバーが一人暮らしに最適なのは、

・湯沸かし時間短縮
・湯沸かしのためのガス代節約
・夏は冷水で水出しコーヒーや麦茶がすぐ出来る
・そうめんもお手軽に準備できる
・カップラーメンやインスタント味噌汁、スープも簡単
・浄水された水が使える

などのメリットがあるからです。実際に、一人暮らしを経験した身からすると、電気ポット、やかん、ミルクパンなどで湯沸かししていましたが、どれも面倒だった記憶があります。

しかもキッチンには浄水器などもありませんでしたので、直接、水道水を飲むのは抵抗があり、わざわざミネラルウォーターを購入して冷蔵庫で保管していました。

マンションの上層階だったので、買ったミネラルウォーターが重くて仕方がありませんでした。毎月、結構な出費になりましたよ。空になったミネラルウォーターのボトルの処分も面倒でしたね。

水道水のウォーターサーバーは、定額で飲み放題です。そもそも水を毎月どのぐらい飲んでいるのか、把握している人は珍しいので、定額で飲み放題プランにしておくべきなのです。定期的に12リットル入りのボトルが届くのですが、それを保管するスペースも、一人暮らしの部屋だったら、それ自体が難しいですよね。水道水ウォーターサーバーならボトルが不要ですから広く部屋が使えます。

一人暮らしをスタートする子のために、親が契約して置いてあげる事もあるのですが、もしも、私の娘が大学や社会人となって、一人暮らしをする機会があれば、水道水ウォーターサーバーである楽水ウォーターサーバーをプレゼントします。契約期間は3年間ですし、使っても使わなくて定額料金ですから、支払う方も安心です。子どもにスマホを買い与えて、クレジットカードの明細を見てびっくりするような事は、定額料金ならあり得ません。

宅配式ウォーターサーバーよりも、水道水の楽水ウォーターサーバーの方が費用面だけでなく、治安の面からも安心できるからです。なぜならば、今の時代、宅配業者を装って一人暮らしの女性宅に侵入されるケースもリスクとして想定しなければなりません。セキュリティレベルが高い居住用物件でも。楽水ウォーターサーバーは業者の出入りは初回の設置工事と契約終了時のウォーターサーバー撤去の時だけなので、親子または友人知人を伴っていれば問題ありません。空ボトルの処分も必要ないですから、ものすごく合理的です。

女性の一人暮らしの間取りは、ワンルーム、1DK、1LDKが相場ですから、据置型は場所を取るので省スペース設計の卓上型がおすすめです。楽水ウォーターサーバーなら、おしゃれなレッドカラーの卓上型がありデザインもスタイリッシュですから、女性には受け入れられやすいんです。

レンタルの契約年数は3年ですから、大学生の間は十分使えます。社会人になって、気に入れば自分名義でレンタルして使い続けることも可能です。3年後に継続か解約かを判断できます引っ越しがあれば、引っ越しの対応もできるので、状況に応じた柔軟性もあります。何より全国統一の定額です。宅配式ウォーターサーバーでは、エリアごとに担当する店舗が違って、新規に再契約しなければならないケースもあります。

一人暮らしに最適なウォーターサーバーとして、楽水ウォーターサーバーをおすすめします。理由としては、

・水の交換が不要
・水の購入義務が発生しない
・定額使い放題
・水道水からミネラルウォーターを作りだす
・ペットボトルのミネラルウォーターを買う必要が無い
・水の保管が不要
・宅配業者の対応不要
・水の発注や在庫調整などが不要
・メンテナンス費用は楽水ウォーターサーバーが負担

など、宅配式ウォーターサーバーにありがちな雑用が一切無くなる事や、水の使用量を気にせずに自由に使えることです。ボトルをセットするタイプは水の残量が見えるので、追加発注をしたくない時は、セーブしてしまいがちですが、定額使い放題の楽水ウォーターサーバーなら一切気になりません。

更にボトルを交換するタイプは構造的にボトル内部に空気が混入しやすくなっています。この空気の混入は空中に浮遊している雑菌も一緒に入ってしまうため、とある調査で、一部のウォーターサーバーの水は、水道水の品質基準を下回る現象が起きていました。天然水などは塩素消毒していなので、早いうちにの切ることが推奨されているのです。コップにウォーターサーバーの天然水を入れたまま、長時間放置するのは避けた方がいいです。

楽水ウォーターサーバーなら空気が混入することはあり得ません。分岐配管で本体に自動給水されて冷水と温水を作りますから、空気に触れようがないので衛生的です。宅配式ウォーターサーバーは空気の混入が避けられず、止むを得ずフィルターを通して空気を正常する仕組みを採用していますが、フィルター1枚で空気がきれいになるわけがありませんよね。フィルターもそれらしい機能を謳っていますが実際に見ると、非常に心許ないフィルターです。

水の交換が無いなどの実用面での省力化の他に、最も言いたいのは衛生面です。身体に入る水だからこそ、衛生的なウォーターサーバーを選ぶべきですね。


楽水ウォーターサーバー 卓上型ラインナップ

楽水ウォーターサーバーの卓上型を一人暮らし用に最善のウォーターサーバーとしておすすめしています。気になる月額費用やランニングコストについて書いていきます。費用については、水道直結ウォーターサーバーの特権である、定額使い放題になっていて月額3,500円(税別)です。年間の費用はこちらにまとめています。

年間費用が前もって知れるのも定額使い放題のメリットです。宅配式ウォーターサーバーですと、毎月使う水の量を徹底管理すれば定額で推移しますが、水の使用量を管理するぐらいならばレンタルしない方が良いです。消費量が不明だからこそ、定額使い放題で気にせず使う方が満足度が高くなりますよ。

電気代については公式には言及されていませんでしたので、目安となるよう計算をしてみました。ウォーターサーバーで最も気になるのは電気代でしょうから、電気代を楽水ウォーターサーバーでシミュレーションしたいと思います。

【計算条件】
・最高温度は95度
・水の温度は10度(仮定)
・水の比熱 4.187J/(g・℃)
・熱効率 100 ←あり得ないですけど便宜上
・水の量 12リットル ← 宅配天然水ボトル1本分
・1kWh単価 25円 ← 電気料金プランで違いますが便宜上

【計算式】
温度差 95 - 10 = 85度
電力量 1,200g(12L) × 85度 × 4.187 = 427,074J kWh
変換 427,074J = 0.118632kWh
電気代 0.118632kWh × 25円 ≒ 2.96円

上記の条件下では、10度の水を95度にまで上昇させる電気代は2.96円、1日5回沸かしても14.8円です。1ヶ月30日として444円程度と想定されます。温水だけじゃなく冷水にする時も電力は必要なので、プラスアルファはありますが、1,000円は超える可能性は低いと考えてよいのではないでしょうか。計算通りには行かないにしても、目安として納得できたかと思います。

ちなみに水道代についても言及すると、水道は各自治体が管理していますので、水道料金も若干の地域差が発生します。仮に東京23区の水道料金を例に挙げると、1000リットルで22円※です。
※呼び径25mmで6m3から10m3のときの単価

楽水ウォーターサーバーは一人暮らしの家計に優しいウォーターサーバーです。


Copyright © 2018- 水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気