水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気

水には軟水と硬水がありますが、その分類の基準やミネラル分の含有量、ウォーターサーバーは軟水なのか硬水なのか、軟水と硬水の健康への影響も含めて調べてみました。水は奥が深いです。

水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気 ≫ ウォーターサーバーは軟水と硬水どっち?

水には軟水と硬水がありますが、その分類の基準やミネラル分の含有量、ウォーターサーバーは軟水なのか硬水なのか、軟水と硬水の健康への影響も含めて調べてみました。水は奥が深いです。

軟水と硬水の違いについても軽く触れておきます。水の固さと表現されますが、あまりピンと来ないですよね。しかし、敏感な人はノドごしや口当たりが違うと言います。もう感覚の世界ですが、身体への影響、実用性なども含めて参考にしてもらえると幸いです。

まず、なにをもって「軟水」「硬水」と分けられるのかですが、世界保健機構(WHO)によって定義付けされています。 

・軟水 硬度0~60未満
・中硬水 硬度60~120未満
・硬水 硬度120~180未満
・非常な硬水 硬度180以上

4分割が公式な分類ですが、一般的には、硬度120を境界として軟水、硬水に分けています。そしてミネラル成分の含有度で分けられてもいるのですが、水に含まれるミネラルは、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムといった無機質の成分です。これらは体内で生成できないので、食べ物や飲み物で摂取するしかないんですね。水を飲むと健康になるというのは、不足した必須ミネラルが補充されるためなんですね。

さて、日本では軟水と硬水ではどちらが多いのでしょうか。実は圧倒的に軟水が多いのです。代表的なのは水道水で、これは軟水です。元々日本の水は、山に積もった雪が溶けて地殻に溜まるわけですが、この時にミネラル成分は溶け込めてないので軟水になりやすいんですね。そのような環境で育ってますから軟水で作った料理を食べ、軟水から作った飲み物を飲んでいるので、身体に馴染んでいるわけです。ですから、稀に硬水を飲むと、少し違和感を感じる人もでてくるわけです。

軟水が良い、硬水がダメというのではなく、あくまでも馴染むか馴染まないかのレベルなので深刻になることはありませんし、軟水ばかりだとミネラル分が不足するということもありません。ちなみに女性に多い便秘の解消なら硬水です。硬水の代表格としてはコントレックスですね。楽天市場でも常に売れ筋の上位に入っているのは、便秘解消目的の女性が購入するからです。

コントレックス

ウォーターサーバーを自宅やオフィスに設置したいと思っても、あまり「軟水か硬水か」という視点で検討する人は、恐らくいないでしょう。なので知識として頭に入れておく程度で、このページは読み流して頂ければOKです。結論から言いますと、ウォーターサーバーのほとんどは軟水になります。理由は、前述しましたが、「山に積もった雪が溶けて地殻に溜まるが、ミネラル成分は溶け込めてないので軟水になりやすい」からです。

しかし、軟水だからと言ってミネラル不足を懸念する必要は全くありません。日本人好みの口当たりの軽さと身体に馴染みやすい軟水こそが、ウォーターサーバーには相応しいと思います。たまには硬水を飲んでみたいという場合もあるでしょうから、そういう時は、通販で単品の硬水を在庫しておくと良いですよね。まとめて買う場合は、天災時の備蓄水として在庫しておく目的でも良いです。

水道水は基本的に軟水なので、日本人には軟水が馴染みやすいという面は否めません。もし朝に水道水をコップ1杯飲んでも、お腹がスッキリしない便秘がちな女性は、硬水を飲んでみると改善される可能性が高くなります。硬水には軟水より胃腸を適度に刺激して便を柔らかくするマグネシウムが入っているからなんですね。

ちなみに硬水を代表する知名度の高いコントレックスは、100mlあたり8.4mg入っています。軟水の平均10倍ほどになります。硬水のデメリットは飲み過ぎると便秘解消が行き過ぎて胃腸に負担がかかってしまうことです。順調な感じになってきたら、硬水と軟水を飲む割合を自分なりに調節していくと、胃腸に過度な負担をかけることなく、便秘にも悩まされない毎日が続きますよ。

もうひとつコントレックスについてのメモ。元SMAPの香取慎吾さんがダイエットに用いたのがコントレックス。それで爆発的に知名度を上げたのでした。それでダイエット=コントレックスのイメージが定着しましたが、硬水を飲んだだけで痩せるという事ではありません。明らかに脂肪を燃焼させるための運動や食事を取り入れてのことです。水分補給と基礎代謝を上げる目的でコントレックスがベストな選択だったというだけのことです。

ウォーターサーバーの水は軟水が多いということは、解って頂けたと思いますが、軟水のメリットまたは特徴を、ここでまとめておきます。あくまでも諸説ありますので、参考程度に頭に入れておいてください。

軟水の特徴
・口当たりがまろやか
・料理に適している
・炊飯に使うと相性が良い
・飲料水のための材料に適している
・身体の負担が少ない
・赤ちゃん用のミルクに使いやすい
・妊婦さんにも影響がない
・お茶には軟水が良い
・コーヒーも飲みやすい
・和食の出汁に使いやすい
・実は酒造においては軟水だと甘口になる
・髪にやさしい
・肌にやさしい
・石鹸や洗剤を使う時の泡立ちが良い
・染物は軟水だと均一に仕上がりやすい

まだまだ軟水の特徴などもたくさんありますが、軟水、硬水の話はタメになっても「面白くない」ですよね(汗)ウォーターサーバーの水を軟水か硬水かで選ぶ人はいませんし、ウォーターサーバーに関心を示す人は、

・水の価格
・電気代
・レンタル料金
・その他のサービス
・特典

この5つを総合して契約の判断を下しますが、大抵は、水の価格とレンタル料金に注目するものと思われます。特典と言うのは「期間限定の無料お試し」やメーカー直販ではなく代理店の独自サービスのことを指しています。また賃貸物件の入居者用オプションとしてウォーターサーバーがレンタル料金無料で契約できるという珍しい状況も独自アンケートで入手出来ています。似たようなケースでau契約者には「ウォーターサーバーはじめる割」もあるので、特典と言えば特典ですね。

ウォーターサーバーの範囲で水を選ぶのも良いですが、

・アルカリイオン水
・純水
・湧水
・海洋深層水
・機能水
・水素水

など飲み水として世に出ている水の種類は多いです。全てがウォーターサーバーで供給できるものではありませんが、水道水がの臭いが苦手な人は、自分が飲みやすいと思った水に辿り着くまで、いろいろな水を試すのも良いかもしれません。そもそも日本が誇る水道水は、世界トップレベルの水質です。それを更に浄水する水道水ウォーターサーバーは、クセがないのでオールマイティに使えますよ。

あまり日本では馴染みが無い硬水ですが、市販されている代表的な硬水と言えば、コントレックスでしょうか。その他はペリエ、サンペレグリノ、ゲロルシュタイナー、エビアン、エンジンガー・スポルトあたりですね。馴染みが無いために、硬水のことを知らないという人も多いはずです。一応、手短に調べてみたことを書いておきますので、参考までに頭の片隅にでも置いておいてください。

硬水の特徴
・ミネラル含有量が多い
・肉の煮込み料理に適している
・基礎代謝を向上させるという説がある
・脂肪燃焼が加速してダイエット効果の説がある
・便秘改善の効果の説がある
・飲むとちょっとクセがすごい場合もある
・飲料に適さない種類が多いので下手すると下痢をしやすい
・なんと車の冷却水として使用すると不調をきたす
・バスタを茹でるときは硬水が適している
・ジャガイモが煮崩れし難い
・深入りエスプレッソは硬水だとまろやかさとコクが出る
・酒造の場合はすっきり辛口

硬水は、どういう時に飲めば良いのか、選ぶ理由は何なのか、これも知っておきたいですね。コントレックスが通販モールなどで常に売上上位なのですが、これは硬水が便秘、デトックス、ダイエットに良い影響があるということで、主に女性が購入しているのではないでしょうか。ただ硬水は胃腸に負担がかかりやすい飲料水のようで、常用する際は、飲むペースを自分の体調に合わせていくことが必要かもしれません。

マグネシウムを多く含むのが硬水の特徴で、マグネシウムは下剤にも使われていることから、胃腸への過度な負担が懸念されるというわけです。更に口当たりが馴染めない人も多いですね。飲み慣れると感じないかもしれませんが、何となく苦いような渋いような味を覚えた記憶はあります。ダイエットやデトックス、便秘に良い影響があるからと言って、料理や炊飯に硬水を使うと、思ってた味と違うってこと、ありますよ。

濃い目の料理なら違和感を感じないでしょうが、やはり日本の料理や炊飯には軟水が合ってます。
 

水道水ウォーターサーバーに関しては、水道水は軟水ですから、必然的に軟水になります。天然水、RO水も軟水ですから、実は軟水か硬水かでウォーターサーバーを選ぶのは意味がありません。

が、例えば、海外旅行の際に、お腹を下したという体験があったならば、現地の水道水が硬水だった可能性があります。海外旅行地が北欧方面、米国南西部、イギリスのパリなどは、がっつり硬水です。尚、沖縄の一部の地域も硬水なので、ひょっとしたら、お腹が緩くなった人もいるかもしれませんね。

便秘解消に良かったという程度ならばラッキーですが、体の変調があった場合は、飲み水が合わなかったのでしょう。


Copyright © 2018- 水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気