水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク作りや湯冷ましに使えるのか。そんな心配や疑問もあると思います。水道水を浄水するウォーターサーバーなら赤ちゃんのミルクも湯冷ましも心配配無用です。離乳食に麦茶も赤ちゃんが好きなものに役立ちます。

水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気 ≫ 水道水ウォーターサーバーは赤ちゃん用ミルクに最適

ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク作りや湯冷ましに使えるのか。そんな心配や疑問もあると思います。水道水を浄水するウォーターサーバーなら赤ちゃんのミルクも湯冷ましも心配配無用です。離乳食に麦茶も赤ちゃんが好きなものに役立ちます。

赤ちゃんが誕生すると、数年間は付きっきりでのお世話する事になります。育児の肉体的、精神的な負担は相当なもの。そんな状況で楽しい事もありますが、出来れば少しでも家事などを省力化・効率化したいと考えるのは、ママさんにとってもパパさんにとっても、考え方としては間違っていないです。

保護者が倒れてしまうと、赤ちゃんは一人ぼっちになるわけですし、何より、お腹が空いて仕方がありません。赤ちゃんの空腹は成長を妨げ、時には取り返しのつかない事にもなりますから、ミルク、湯冷まし、離乳食などは絶対に欠いてはならないものです。ウチは母乳だからミルクは必要ないという家庭もあるでしょうが、母乳以外にも赤ちゃんに必要なものはありますよね。

まだ世の中には、母乳がミルクより優れているという、どこかズレた情報を信じ込んでいる人もいます。赤ちゃんが大きくなって、母乳かミルクか、どちらを飲んで成長したか、違いを見抜ける人は皆無なのに、全くナンセンスな議論ですよ。そんなに母乳が正義なら、成人して以降も我が子は母乳で育てたと言い続けられるハズですが、誰もそうはしないですね。いい加減、母乳マウンティングは止めた方が良いです。あなたの母乳は、社会に役立つ人間になるための必須のものではありません。

さて、赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーを利用して、簡単に作れないか検討している夫婦もいらっしゃるでしょう。恐らく、大幅な時間短縮が見込めます。水は天然水を宅配してもらう事でも良いですが、天然水は費用がかかりすぎます。水道直結式のウォーターサーバーがコスパに優れていますよ。ウォーターサーバーの費用は水道水を使うタイプの方が圧倒的に安く、定額使い放題です。

楽水ウォーターサーバー 

楽水ウォーターサーバーという水道水を浄水するウォーターサーバーなら、きれいな水とお湯が使い放題。ミルク作りも、いつでもスタンバイOKです。お湯と水で適温にするコツが掴めると、簡単に出来上がります。

今、日本でレンタルされているウォーターサーバーの台数が、どのぐらいあるのか、ご存知でしょうか。日本宅配水&サーバー協会の統計では2018年の推定値ですと385万台になります。多いですか、少ないですか、意外でしたか、想定内でしたか。宅配水ウォーターサーバーだけの数字なので、水道直結式の水道水ウォーターサーバーも含めると、恐らく400万台は突破しているのではないかと思われます。

ウォーターサーバーを使うきっかけを、独自アンケートで調査してみたところ、

・赤ちゃんのミルクを作る
・おいしい水が飲みたい
・興味本位で試してみてから気に入った

という口コミが上位を占めました。ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルクを作るために使うのは、良いアイデアです。ただし、ウォーターサーバーには、

・天然水を買って定期配送する宅配システム
・水道水を自動給水して浄水するシステム

この2種類があります。天然水を買うタイプは、12リットル入りのボトルが自宅に届くので調達は楽ですが、水が空になれば、交換作業が発生します。簡単に交換ができるとうたっているウォーターサーバーもありますが、作業自体が無い方が楽ですよね。赤ちゃんより重い12リットルボトルを、産後間もないママが交換する作業の負担は無い方が良いです。

水道水を使うウォーターサーバーは、キッチンの水栓(蛇口)などから分岐配管して、ウォーターサーバーに直接、細い配管を繋いで水をタンク内に自動的に貯留します。いつでも冷たい水と熱いお湯がスタンバイしている状態で、空になることは無いですから使い放題です。品質基準が厳しい水道水を更に浄水しますから水質は向上します。ミネラル分は残るのでミネラル水が定額使い放題になります。

宅配水ウォーターサーバーは従量課金、水道水ウォーターサーバーは定額使い放題。コスパが良いのは水道水ウォーターサーバーです。おむつを1セット余分に買う余裕も出来ますよ。

ウォーターサーバーの電気代は気になるところ。水を買わない水道水ウォーターサーバーは電気代を抑える機能が備わっています。中でも楽水ウォーターサーバーのECC機能は夜間の電力を節約します。電気代の試算とECC機能について。

ウォーターサーバーは、もはや贅沢品ではなく、家電製品として考えている人もいるようです。家電量販店で売られているケースは少ないですが、電気で動く仕組みである以上は電力消費は低いほうが良いですよね。ウォーターサーバーだって電気代は安いほうがいいに決まってます。基本的に電源は入れっぱなしですから、節電機能が搭載されているウォーターサーバーを選びましょう。

楽水ウォーターサーバーは、月額3,500円(税込)で使い放題の水道水を使う格安ウォーターサーバーです。他のウォーターサーバーと比較にならない程の格安さです。更に基本機能としてエコモード搭載ですから、ウォーターサーバーの電気代の相場以上にはなりません。エコモードとは、特に夜間の消費電力を抑える機能です。光センサーによってウォーターサーバー周辺が暗くなると、自動的にエコモードとなって加熱による電力消費を抑えます。日差しや照明によって明るくなると通常モードになります。

稀に日中でも薄暗い場合、エコモードに切り替わってしまい、必要な時にお湯が使えないケースも散見されますが、そのような時はエコモードを解除して使う事になります。

具体的な電気代の金額については、設置される場所によって違いが出るために算出は非常に難しいですが、価格ドットコムの調べでは宅配水ウォーターサーバーなら、1ヶ月約330円から1,000円の幅になっていました。

楽水ウォーターサーバーの消費電力は、冷却85W、加熱ヒーター350Wです。数字の近い製品をざっと見てみると、約400円前後と想定できます。この電気代はかなり節電の水準にあると考えて良さそうです。

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使うとするならば、費用はどのぐらいを見立てておけばよいでしょう。しかも宅配水ウォーターサーバーと水道水ウォーターサーバーという料金体系の違いもあるので、料金シミュレーションをしてみます。

まず赤ちゃんに必要なミルクの量を知っておくと、ウォーターサーバー選びが楽になります。生後間もない新生児なら、80mlを1日10回前後授乳することになり、月齢が上がってくるとミルクの量は増えますが授乳回数は1日5回ぐらいになっていきます。1歳を迎える時になると離乳食も食べるようになるので、湯煎したりする際にウォーターサーバーの温水が役に立ちます。

赤ちゃんにも個人差があるので、ミルクの量や授乳の回数は誰にも予測がてきませんが、仮に80mlのミルクを1日10回、1ヶ月続けば24リットルにもなるんです。赤ちゃん一人で24リットル、宅配水ウォーターサーバーだと12リットルボトル2本分、定期配送の1セット分です。天然水だと1本あたりの単価の相場が1,500円前後ですから、1ヶ月3,000円と推測できます。これにレンタル料金や赤ちゃんのミルク以外に使った分を含めると、少なくとも6,000円以上は予算として考えなければなりません。

水道水ウォーターサーバーなら定額使い放題なので、費用は固定化されます。例えば、楽水ウォーターサーバーは、月額3,500円(税別)ですから、宅配水ウォーターサーバーよりも安い費用で使えます。赤ちゃんがたくさんミルクを飲んでも、ママやパパが存分に使っても3,500円(税別)です。水の使用量が特定できない、予想が出来ないからこそ、定額使い放題の料金体系が経済的なんです。

家族3人だけなら良い出すが、子どもが2人、3人といる家庭では、更なる費用が宅配水ウォーターサーバーでは負担が必要になります。

従量課金制の宅配水ウォーターサーバーは家計の負担になりやすいです。水の使用量をコントロールできるなら費用負担は一定になりますが、それすらも気にせずに使える定額使い放題の水道水ウォーターサーバーをおすすめします。


Copyright © 2018- 水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気