水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気

水道水を浄水して使用するウォーターサーバーは月額レンタル定額使い放題。水道水は簡単配管直結工事で自分で入れる必要なし。天然水と違いを感じられない浄水品質なら安い方がお得です。レンタル定額使い放題の代表的水道水ウォーターサーバーとは。

水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気 ≫ ウォーターサーバーレンタルは水道水浄水で使用が旬

水道水を浄水して使用するウォーターサーバーは月額レンタル定額使い放題。水道水は簡単配管直結工事で自分で入れる必要なし。天然水と違いを感じられない浄水品質なら安い方がお得です。レンタル定額使い放題の代表的水道水ウォーターサーバーとは。

ウォーターサーバーと言えば、ネット環境で言うところの従量課金制に似ています。天然水を買った(飲んだ)分だけ料金を支払うからです。しかし水道水ウォーターサーバーは、定額固定のレンタル料金のみの使い放題です。この料金体系の違いが一番大きいです。その他にも、

◎清潔で安全に使えます
◎常温でお薬を飲む、温水でお茶を飲む等使い分けが可能です
◎急な来客でも速やかに、お茶出しが出来る常用性があります
◎重たいボトルを持ちあげなくて済みます
◎再利用ボトルの返却、使い捨てボトルの処分、そんな負担もありません
◎ボトルの保管など、必要ありません
◎宅配業者の対応が無くなります
◎追加注文や配達日調整など煩わしい手続きは不要です
◎故障、修理など基本的に、お客様の負担はありません
◎専用浄水カートリッジは、費用・送料共に無料です

このように、水道水ウォーターサーバーのメリットは定額のレンタル料金で飲み放題だけじゃないのですが、品質はどうなんだという疑問を抱いている人も多いです。品質に関して調べていて知ったことは、天然水のウォーターサーバーの機種によっては、ボトル内に空気が混入する構造的な問題を抱えている事があります。空気中の雑菌がボトル内に入り込むと、

使用中に細菌が増殖し、水道水基準を満たさないものが数多くある

と、朝日新聞のウェブサイト他多数のメディアで取り上げられました。そこで注目されたのが水道水を浄水して使うウォーターサーバーです。キッチン等から分岐配管して使用するので、水自体が外気に触れることはありません。

さらに水道水を直接専用カートリッジで浄水して不純物や残留塩素などを取り除くので、常に清潔で衛生面に不安のない状態で使えます。

特に、古いマンションでは、屋上にある受水槽の劣化や受水槽内部の衛生的な問題を含んでいて、宅内で使う水自体の品質が懸念されています。メンテナンスされていない受水槽の汚い水は飲みたくないですし、使いたくないですよね。そんな時は、浄水機能がある水道水ウォーターサーバーをレンタルすると安心です。

水道水ウォーターサーバーが不純物を取り除く仕組み

更に、よくある一般的な天然水ウォーターサーバーのレンタルに関する独自アンケートによりますと、

●12リットルボトルが重くて設置が大変
●配達される時は外出が出来ないし配達日の変更も面倒
●再利用式ボトルは本当に綺麗なのか確信が持てない
●2本1セットで配達されるので保管場所に困る
●思った以上に毎月の料金負担が大きく家計にシワ寄せ

という声が多くありました。水道水ウォーターサーバーのレンタルに切り替えると、このような不満要素はほぼ解消されます。

具体的な機種で最もおすすめなのは、楽水ウォーターサーバーです。外観がおしゃれで故障も少なく、レンタル料金も格安です。

水道水の楽水ウォーターサーバー キャンペーン中!!

【朗報】
2017年から、以前より要望の多かった買取が可能になりました。つまり本体をレンタルではなく、購入が可能になります。都合によって、レンタルを選ぶか買取が選べるのです。例えば、この先6年以上は使う目途があるのなら購入がお得になります。格安レンタル料金でも、買取することで、ずっと支払い続けるリスクから逃れられます。レンタルから途中で買取への相談も受付中ということです。

水道水をろ過して使用するウォーターサーバーと一般的な天然水ウォーターサーバーには、根本的な料金体系の違いがあり、簡単に言えば、

水道に直結するウォーターサーバー・・・本体のレンタル料金(固定) + 水道料金(変動)
天然水宅配するウォーターサーバー・・・本体のレンタル料金(固定) + 天然水購入(変動)

これが基本的な料金体系です。

水道水ウォーターサーバーが安いことは一目瞭然です。
表の見方は、3人家族の場合で平均36リットル4,500円(税抜)の料金負担が生じますが、水道直結のウォーターサーバーなら、どれだけ使っても3,500円(税抜)のレンタル料金だけの負担となり、少なくとも月1,000円分は、お得になります。

ただし、3人で1ヶ月36リットルで足りればの話です。夏場は多くなりますよ。しかも4人、5人、10人と使用する人数が増えると、表のように、とんでもない月額料金の負担の差が発生します。

ウォーターサーバー費用比較

天然水は12リットルボトル1本で1,300円から1,500円が料金相場です。しかも購入単位は2本セットにもかかわらず、1本分の料金だけで安いと錯覚をおこしがちになります。
独自アンケートでも、

「天然水は想定以上の料金負担で困ったが、解約金が発生するので、今すぐ切り替えができない。」
「年間でどれだけの料金が必要なのか、天然水タイプでは年間の見積もりが不透明なので予算化が難しい」

という声がありました。

水道水ウォーターサーバーは使用量に関わらず月額固定のレンタル料金なので、一般家庭はともかく、オフィスなど多くの人数で共有する場合は、更にコスパが改善します。
納入事例を見ても、学校・介護施設・ジム・病院・飲食店・美容院などに置かれています。

夏場は冷水、冬場は温水の使用量が急増しても、料金負担を気にする必要が無いのが水道水ウォーターサーバーのメリットでもあります。

水道水 浄水ウォーターサーバー 問い合わせはコチラ

楽水ウォーターサーバーは、毎月の料金負担は、月額固定の本体をレンタルする料金と水道代、電気代になります。

レンタル料金は既にふれたので、ここでは電気代と水道代についてです。ちなみに水道代は、一年間を通して使ったとしても極端に増えることはないです。なぜならば、キッチンの水栓(蛇口)から分岐配管している場合、水栓(蛇口)から出ていた水の一部が、楽水ウォーターサーバーを経由するだけですから、実質の使用量の変化は無いに等しいのです。電気代に関しては、ECCモードという夜間など自動で節電する機能があるので、ムダな電気代は発生しません。楽水ウォーターサーバーの消費電力は、冷却で85W、ヒーターで350Wになります。

簡単に水道代と電気代を試算してみましょう。

【電気代】
本社は福岡県にあるので九州電力をベースに計算してみます。仮に1日1時間、ヒーターが使われたとすると、電気料金は約7.9円。同様に冷却の場合は約1.9円になります。ECCモードを搭載しているので、夜間はヒーターが動きません。また温め直すにしても日中の明るい時間帯の中で、湯の温度が下がれば、都度、ヒーターが動いて90度まで温める仕様です。

【水道代】
福岡市の水道料金制度を参考に試算してみますと、使用水量20m3(2万リットル)までは17円です。ウォーターサーバーで2万リットルはどう考えても使わないですから、水道代の影響は、ほぼ無いと考えて良いのではないでしょうか。

キャンペーン特典を最大限に活かす方法

今なら、インターネットからの申込に限った特典として設置月のレンタル料金が無料になるキャンペーン中です。月初に設置するタイミングで契約すると、初月レンタル料金無料の恩恵が最大化されます。

設置は申し込みから最短で1週間です。月の最終週の初めに契約すれば、翌月の第1週目には設置されると考えれば、レンタル料金が、ほぼ1カ月お得になります。人気機種で在庫僅少になっているようなので、問い合わせや申し込みはお早めに。

楽水ウォーターサーバーの疑問や質問はスグに問い合わせを

ウチに設置出来るかな?食洗器あるけど大丈夫?など疑問がある場合、予めスマホやケータイでキッチンの水栓や設置予定場所の写真を用意しておくと、販売元の確認がスピーディーになります。配管の部品を調達するにしても必要以上に待たせることがありませんし、何より回答が早くなります。オペレーターによるマニュアル的な対応ではないので、すぐに問い合わせをしてみてください。

水道水ウォーターサーバー楽水の利用者の声

水道水ウォーターサーハー 設置事例

水道水直結ウォーターサーバー楽水は、福岡を本社とする販売元から全国へ対応しています。2017年からは格安販売もスタートしました。設置・修理・故障などの対応は、お住まいの地域の提携工事店が行います。

メンテナンスは、簡単な拭き掃除とカートリッジ交換だけ。カートリッジも交換時期に合わせて無料で提供されます。交換は方法は公式サイトでチェックできますが、誰でも簡単に交換可能になってます。

一般家庭以外の水道水ウォーターサーバーの主なレンタル設置先

事務所(本店・支店) レンタルオフィス コワーキングスペース
飲食店 サロン 病院待合室
ホテルロビー 大学研究室 スポーツジム
銀行・証券会社 公共ホール ペットショップ

全支店でレンタル切り替えで大幅コストダウンに成功した会社の事例

水道水ウォーターサーバー楽水に切り替えたことで、定額レンタル料金のみとなり、年間コストを大きく削減した会社があります。法人の場合は年単位に換算すると経費節減効果は見過ごせません。

全国の支店で全15台をレンタルした企業の効果

これまでのガロンボトルの負担料金については、

・1支店で毎月平均6本使用(1本が約1,260円)
・1支店あたり、約7,560円+サーバー本体レンタル料1,080円=8,640円
・8,640円×15台=129,600円/月

年間のウォーターサーバーの費用は約155万円でしたが、レンタルを乗り換えて、水道水ウォーターサーバー楽水となってからは、

・4,860円※注×15台=72,900円/月 ※注:旧料金体系時の楽水の月額レンタル料金
・1ヶ月だけでも約56,700円のコスト削減

年間ウォーターサーバー費用を約68万円削減!

新料金体系では、月額レンタル料金は3,500円(税抜)なので、効果を再計算すると869,600円の節約になります。

水道水ウォーターサーバー楽水は、法人対象のレンタル切り替え導入だけでなく買取も可能。新規に福利厚生、お客様満足度向上、一般のご家庭にもおすすめです。他社より確実に格安で導入できます。

新たなサービスである買取制度の概要です。レンタルが中心でしたが、継続率が高く、1契約の継続年数も年々上昇していて、この先もずっと料金を支払い続けるのは、お客さんの負担が大きすぎるために、買取制度もスタート。元々、買取の要望も多かったことから、益々人気が高まってくるでしょう。

6年以上使う目途があるなら買取がお得です。現在、レンタル中のお客さんについても、途中で買取の希望があれば対応すると確認が取れています。新規に楽水を検討しているのでしたら、2.3年はレンタルで、その後に買取に移行するか、引き続きレンタルにするかを決められます。選択肢があるのは親切ですね。

レンタル中に引っ越しが発生すると、撤去費用をとるメーカーもあります。解約扱いになって解約料金の請求もあるでしょう。また、引っ越し先で同じメーカーの同一機種でありながら、支店や代理店のサービスが異なることもあります。

買取とレンタル、どちらを選べばよいか悩むところでしょうが、個人の方は、2.3年レンタルを続けた後から判断しても遅くはありません。レンタル途中からの買取でも、新たに全額を支払う必要はなく、メーカーから買取の金額を見積もりしてもらって検討すればよいです。法人の場合は、初年度から買取でも問題ないと思います。ただ、創業したてのベンチャー企業などは、資金に余裕がないでしょうから、レンタルで数年経過したのちに、事業拡大による事務所移転のタイミングで買取する方法もあります。

こんなに使い勝手の良いウォーターサーバーは、なかなかありません。買取とレンタル、引越しの相談、支払い方法の変更など、問い合わせの対応も良好です。


Copyright © 2018- 水道水使用のウォーターサーバーレンタルば使い放題で人気